次亜塩素酸水を加湿器に入れて部屋ごと「まるごと除菌」、ダニはダニ取りシートで「まるごと捕獲」

アルコールよりもお肌に優しい「次亜塩素酸水」を加湿器に入れて噴霧する方法が注目されてきました

なぜって? 新型コロナウィルスが流行っていて感染しないようにすることが必須になっているから・・・なのです

ダニはダニ捕りシートで捕獲して退治するのが良い方法であるように
ウィルスや細菌の退治には、部屋ごとまるごと除菌が良い方法です

ダニとウィルス退治

まず今、注目されてきた「次亜塩素酸水」から考察していきましょう

 

次亜塩素酸水とは?どんなもの?

ウィルスはどんなもの

次亜塩素酸水とは、ウィルスの除菌効果が期待出来る除菌液です

今、市町村で無料配布をやってくれているところもあります
例えば横須賀市、南足柄市、藤沢市、下野市などなどです

厚生労働省も認めている「次亜塩素酸水」は人体に優しい安全な除菌水なので、市町村も取り入れているんですね

次亜塩素酸水の特徴

除菌

次亜塩素酸水は、食塩水塩酸を電気分解することにより得られる「次亜塩素酸」を主成分とする水溶液です

酸性のため皮膚粘膜に対するダメージがほとんどないので、洗いの後など直接肌に使用できる

電気分解での製法やpH値・有効塩素濃度が厚生労働省により定められており3種類(強酸性・弱酸性・微酸性)に分けられます

この中でも微酸性の次亜塩素酸水が最も安全で殺菌効果が高い事が厚生労働省により検証されているんです

微酸性とは塩素濃度 50~80ppm(0.005%~0.008%)でPH5.0~6.5の範囲の水溶液

つまり、微酸性の次亜塩素酸水は、直接お肌につけて除菌できる酸性の水溶液という訳です

食品添加物として厚生労働省により認可されており、医療機器などの消毒、歯医者さんのうがい水、野菜の殺菌消毒にも使われています

次亜塩素酸ナトリウムと間違わないで

そっくり

次亜塩素酸水」と「次亜塩素酸ナトリウム」は名前は似ているのですが、全然違うものなので間違わないで・・・

「次亜塩素酸ナトリウム」は「混ぜるな危険」と記載がある塩素系漂白剤やカビ取り用洗剤の主成分で「ハイター」とか「カビキラー」とかの洗剤に含まれています

酸性の水溶液に反応すると有毒な塩素ガスが発生する、手に触れると皮脂のたんぱく質を分解するので、取り扱いには注意が必要です

次亜塩素酸ナトリウムの場合、手につけて除菌することは無理なんですね

アルコールとの違い

アルコール

アルコール成分の除菌製品は、今は薬局で品薄状態・・・
なのでアルコールに代わる除菌水として「次亜塩素酸水」が注目されてきたんです

アルコールVS次亜塩素酸水

アルコールの除菌製品を選ぶ際はエタノールと書いてあるかがポイント・・・
そしてアルコール濃度が高いほど効果が高いわけではなく、いちばん手指消毒に向いているのは濃度80%前後のエタノールです

でもエタノールは手が荒れるデメリットがあります
「次亜塩素酸水」の方がお肌に優しいので荒れのリスクが少ないんです

アルコールはエンベロープウィルスにしか効果がない
「次亜塩素酸水」はエンベロープとノンエンベロープウィルス両方に除菌効果があるんです

エンベロープウィルス⇒(新型コロナ(効果の実証はまだ)、インフルエンザ、ヘルペス、風疹、B型C型肝炎、エイズ)

ノンエンベロープウィルス⇒(ノロ、ロタ、ポリオ、アデノ)

またアルコールは対象物が濡れていると効果が半分になる
「次亜塩素酸水」は濡れていても関係なく効果が発揮されます

効果のあるウィルスの種類が多い、手が荒れない、濡れていても効果がおちない点において
次亜塩素酸水」の方が優秀な除菌水と言えます

「次亜塩素酸水」は、ノロウイルスやインフルエンザウイルス他への効果が実証されているんです
新型コロナウイルスに対する有効性はまだ実証されていませんが、電解水の研究を行っている機能水研究振興財団の発表によると・・・

新型コロナウイルスはインフルエンザウイルスと同様にエンベロープと呼ばれる膜状の粒子構造を持つ為
次亜塩素酸水とアルコールが有効性を示すと推察できるとのこと

次亜塩素酸水は除菌するとすぐ水になるため、目や口に入っても害はなく安全です
うがいもでき、手荒れしないといった特徴を持つ「次亜塩素酸水」の方が、アルコールよりいいです・・・

次亜塩素酸水「除菌ジーア」とは?

jiia

「除菌水ジーア」は、安全性が高く除菌力が高い除菌水です
菌やウィルスを99.9%、瞬時に分解、除菌する、強力な消臭効果もあるのでイヤな臭いも吸収してくれます

厚生労働省認定の次亜塩素酸をベースに開発して作り上げた「除菌水ジーア」
ジーアは次亜塩素酸ナトリウムの約80倍の除菌力を持ち、希釈せずにそのまま使えるので便利です

自分で希釈して使う場合のデメリット

自分で水道水を使って次亜鉛酸水を希釈する場合、心配なことがあります

水道水には含まれる不純物(カルシウム、マグネシウム等)も多いんです
次亜塩素酸とそれらの不純物が反応してしまい、濃度低下に繋がります

また、希釈をすると、pH値が変動します
水道水のpH値は7.0前後が多いです、しかしpH値7.0と6.5では除菌力に大きな開きがあります

「ジーア」は一番安全で除菌効果が高いと実証されている、濃度(60ppm)とph(5.5~6.5)に作られてあります
希釈せずに済む「ジーア」なら、濃度とphをそのまま保てるので、除菌効果を損ないません

ジーアの効果

「除菌水ジーア」がウィルスの不活性化に効果的であることは証明されています

厚生労働省によるデータ『次亜塩素酸水と次亜塩素酸ナトリウムの同類性に関する資料』
この厚生労働省の表からも、次亜塩素酸水と次亜塩素酸ナトリウムには除菌効果があることがわかります

次亜塩素散水ウィルス効果

 

ジーアは第3社機関の検査を受けていて、ウィルスへの効果が証明されているんです
ジーアを加湿器に入れて噴霧すると、空気中及び床に落ちたウィルスや細菌を10分で99.9%除菌することが証明されています

空中の噴霧後の細菌は減った

具体的には例えば、インフルエンザやO-157等のウイルスを10秒以内に不活化することが分かっているんです

ジーアの安全性

安全安心

ジーアは食品添加物として認可されている「次亜塩素酸」を元に作られています
食品添加物という程ですから、口に入っても安全です(歯医者さんのうがい水と同じ)

ジーアは菌やウィルスに触れた瞬間に細胞内部に浸透して菌を分解、ウィルスを破壊します
分解された後は水と酸素になり、有害物質は全く発生しないんです

ジーアの使い方

超音波加湿器プレゼント

ジーアの使い方はスプレーボトルに入れて手を消毒したり、机に吹きかけたりする
または超音波加湿器に入れて部屋全体に噴霧する方法があります

加湿器に入れて部屋をまるごと除菌する方法は、便利で簡単で実に良い方法です

「除菌水ジーア」の直販店㈱オーケンウォーターでは定期を申し込まれた方に、

超音波式加湿器をプレゼント中
キャンペーン中なので、10畳対応の超音波加湿器がプレゼントされるんです

次亜塩素酸水を入れてもOKの加湿器を購入するとなると10,000円程はゆうゆう、かかります

ジーアで定期で「次亜塩素酸水」を購入すると、最初に加湿器が届き、毎月3.2L入りが3袋ずつ届きます
価格は3,900円(税抜き)(毎月3袋ずつ、3,900円ずつ)です

ジーアの注意点

注意

ジーアを加湿器に入れて使う場合ですが、必ず超音波式加湿器をご使用ください
スチーム式加湿器、ハイブリット式、気化式加湿器は使えません

熱に弱い「次亜塩素酸水」なので加熱式の加湿器は不適切なのです
せっかくの効果がなくなって、ただの水を噴霧していても意味がありません

それなので初回に超音波加湿器がプレゼントされる直販店の定期がオススメなのです

その他の注意点

紫外線に当たるとただの水になってしまうので、保管は冷暗所でお願いします
冷蔵庫に入れる必要はありませんが、日当たりの良い場所に置いておくのは避けてください

消費期限は6ヶ月です(開封後は3ヶ月
プレゼントの加湿器のタンク容量は3Lですので1袋(3.2L)が1回でほぼ入ります

余った分はスプレーボトルに入れて手やドアノブなどに直接噴きかけて使ってください

加湿器がプレゼントされる「除菌水ジーア」の定期は2年間毎月届くコースです
途中解約の場合は10,000円の解約金が必要です(ちょうど加湿器の価格程)

途中2ヶ月までなら無料でお休みが出来ます

 

除菌水ジーアの直販店

↓画像クリックで微酸性の次亜塩素酸水「除菌水ジーア」へジャンプ


除菌水ジーアは直販店の加湿器が付いてくる定期がおすすめです

定期は毎月3.2L入りが3袋ずつ届きます
価格は3袋で、3,900円(税抜き)です

コロナウィルスは治療薬が出来るまで1年半程かかると言われています
その間、家族全員が感染しないようにする為に、加湿器を使って部屋ごと除菌することは有意義です

ジーアは花粉やアレルゲン(ダニの死骸やフン)をも取り除いてくれます
また嫌な臭いを取ってもくれます

2年を目処に、健康で快適な生活を送るために「ジーア」で除菌がおすすめです

ジーアで除菌例

手を石鹸で汚れや油分を取ってから、手や指になじませるようにすり込む
机やドアノブなどスプレー容器に入れてシュッとひと吹き

加湿器に入れて部屋まるごと除菌出来る「ジーア」は安全な除菌水です

ダニはダニ取りシートで「まるごと捕獲」

ダニ

気温が上がってくる季節になるとダニの繁殖が心配
アレルギーの源になるダニは退治しておきたいものです

ダニは暖かく湿った環境を好むため、気温が上がる5月頃から本格的に活動を始めます

季節ごとのダニ対策

布団をバンバン叩くイラスト

ダニは高温多湿、フケなどの餌があるところに住み着き、繁殖します
布団はダニの好む条件が全部揃っているので、何十万〜何百万匹ものダニが布団にはいると言われています

ダニが一生のうちに産む卵の数は、なんと200〜300個
こんなに産卵されては困ったものです

ダニがダニを増やし、まるで伝染性のウィルスと同じ様にどんどん増えていく訳です
ダニは死骸やフンまでもが健康被害をもたらすので、徹底的に駆除したいですね

ダニは季節により生育状態が変化していくので対処の注意点が違います

5月~6月は早めにダニ対策を

換気

5月~6月の時期は、ダニ対策をするうえで最も大事な時期です
ダニが過ごしやすい高温多湿の時期に入って来る前に、早めの予防をすることが大事です

5月~6月はダニが繁殖を始める時期なのです
ダニは乾燥が弱点です、お天気の良い日は窓を開けて換気をしてください(換気はコロナ対策にもなりますよ)

そしてダニ捕りシートを部屋に置いておきましょう
9月頃まで継続して、生きたダニを退治しておくと10月にダニの死骸が減ります

ダニの死骸は空気中に飛散してアレルゲンになりますので、まず生きたダニを減らしておくべきです

ダニの寿命は3ヶ月ほどなので、ダニ取りシート「ダニピタくん」の場合も3ヶ月で取り替えるようになっています

今の住宅事情では1年中、ダニが卵を産み、子孫を増やし続けることも出来る・・・とは言うものの
5月~6月は特にダニが繁殖し始めるので換気に気をつけて、「ダニ捕りシート」を置きましょう

ダニ捕りシート「ダニピタくん」

↓画像クリッックで「ダニピタ君」直販店へジャンプ


ダニが好む香りの誘引剤を使用し、日中隠れていたダニをおびき寄せ、捕獲するのが「ダニピタ君」です

ダニを生きたまま捕まえる事で、ダニの死骸が飛散せず、ハウスダストが減少します

ダニピタ君の特徴

1.殺虫剤を使用していないのでお子様やペットのいるご家庭も安心

2.生きたまま捕まえる事で、ダニの死骸が飛散せず、ハウスダストが減少

3.一枚一枚丁寧に縫製している安心の日本製

4.気になる所に置いて、3ヶ月後、集まったダニをシートごとゴミに捨てるだけ

ダニ退治は、品質と効果と価格の3点が揃った「ダニピタ君」にお任せ・・・
おびき寄せたダニは逃がしません、殺虫剤を使用していない、品質の良いダニ捕りシートです

まとめ

↓画像クリックで「除菌水ジーア」直販店へジャンプ

除菌水ジーアの加湿器による噴霧は、ウィルスだけではなく花粉ダニの死骸やフンも不活性化する
なかなか良いものです

グローバル化が進んでいる今日
コロナウィルスのように今後も、どのようなウィルスが舞い込んで来るかわかりません

コロナウィルスもダニも目に見えないもので、余計に恐怖です
私たちは、家族みんなの健康を守る為に、工夫した生活をしていきたいです

 

↓微酸性の次亜塩素酸水「除菌水ジーア」でウィルスをやっつけて!

今なら加湿器プレゼント!空間除菌なら除菌水ジーア

↓ダニ捕りシート「ダニピタ君」で見えないダニを捕まえて!
「置くだけ」でダニとの共同生活が終わります。【ダニピタ君】公式サイトはコチラ