ダニ捕りロボのケースは必要?ケースの代用になるものを一応探してみた

ダニ捕りロボは、ケース付きの通常セットと詰替用の詰替セットが通販で販売されています

この情報を知ったとき、できる主婦が考えるのは

「初めから詰替用のダニ捕りロボを買って、どうしてもケースが必要なら他の物で代用すればいい」
・・・ということ

だって、ケース付きのダニ捕りロボよりもケースがついてこない詰め替え用ダニ捕りロボの方が値段が安いですしね!
( ‘-^ )b

 

ダニ捕りロボの効果を発揮する誘引剤とか吸湿セラミックとかは
ダニ捕りロボのケースの中身に入っている白いマットに詰まっているものですので
そもそも論として、「ダニ捕りロボにケースっているの?」と思う方もおられるかもしれません

 

今回の趣旨

ダニ捕りロボの中身は、綿みたいな素材ですが引き裂かなければ小さいマットのようにカッチリしてます
中身をそのまま、布団周りに置いてダニ退治に使っても良さそうに思えますが・・・?
今回は、ダニ捕りロボのケースは本当に必要なのかどうか?
ダニ捕りロボ専用ケースの代用品になりそうなものを、一応探してみた結果をご紹介します

 

ダニ捕りロボのケース画像

 

下に紹介している画像が、ダニ捕りロボの専用ケースです

ダニ捕りロボ専用ケース①

 

ダニ捕りロボ専用ケース②

 

小さな穴がプツプツと空いていますが
この穴から、ダニが中に入っていきます
入ったダニが、ケースの中に入っているダニ捕りロボの本体(中身)の中にまで潜り込むと
中身の吸湿セラミックにより急速乾燥、ダニはひからびてミイラ化し、動けなくなります
(この時点で捕獲完了です。これがダニ捕りロボの効果の仕組みとなります)

 

ダニ捕りロボの中身の画像

今度はダニ捕りロボの本体(ケースの中身)の画像を下に紹介します

ダニ捕りロボのケースの中身の画像
(上の画像のように、サイズによってダニ捕りロボの本体も若干違います)

 

ダニ捕りロボは粘着シートを使わない

ダニ捕りロボの本体は、上記の画像のような小さい白いマット上のものです
普通のダニ取りシートとは違い、ダニ捕りロボは粘着シートを使いません
画像のような、綿のような素材で作られてる白いマットでダニをおびき寄せ、捕獲します

 

※ちなみに、ダニ捕りロボを3ヶ月使ったあと
中身の誘引マットを手で引き裂いて見てみると
真っ白なマットにたくさんの汚れがついているのが目に見えてわかると思いますが
お察しのとおり、その汚れが捕まえられたダニ達の死骸&糞です
一寸の虫にも五分の魂。可愛そうだと思った人は手を合わせてから燃えるゴミに出しましょう
(ゴミを出す直前にダニ捕りロボの中身をゴミ袋に入れたほうが良いと思います。水分を与えると死にかけのダニが復活する可能性があります。そいつらがマットの中から這い出る可能性もあるかもなので・・・)

 

下の画像は、ダニ捕りロボの詰替セットのパッケージ

ダニ捕りロボ詰替セットのパッケージ

ダニ捕りロボの中身は誘引マットと言うそうなので
これ以降、ダニ捕りロボの中身(本体)のことを
誘引マットと呼ぶようにします

 

ダニ捕りロボ詰替セットは、公式サイトの日革研究所なら最安値で販売されています
値段は以下のとおりです

ダニ捕りロボ詰替セットの値段(これが最安値)

レギュラーサイズ
5枚入り⇒4,889円
3枚入り⇒3,024円

ラージサイズ
5枚入り⇒6,705円

ダニ捕りロボの通販購入は、全ての種類のダニ捕りロボが最安値で買える
ダニ捕りロボ公式販売店をご利用ください
一番安く買えますし、何より公式が販売しているものですので品質に信頼性が持てます
※Amazonや楽天市場など、公式以外の販売店のものは保管方法が適切じゃないから効果が劣る可能性があります
ダニ捕りロボで完璧にダニ対策したいなら、公式販売店から買うのが確実ですよ

ここから買えば送料無料
ダニ捕りロボ全商品の購入はこちらから (公式)

ちなみに、今はお得なキャンペーンをやってます
殺虫剤を使わないから安心!安全!【ダニ捕りロボ】
(上記リンク先ページがダニ捕りロボのキャンペーンページ)

 

ダニ捕りロボのケースは本当に必要?

考察

 

さて、それではいよいよ本題に入ります
ダニ捕りロボのケースって、絶対いるのでしょうか?

結論から言うと

ダニ捕りロボの専用ケースは必須です。

 

私の調査では、ダニ捕りロボをケースなしで
中の誘引マットを床に置いてつかってる人もいましたが
誘引マットを置いていたフローリングの床の上を見ると
何やら粉状のものがこぼれていたそうです

この、粉状のものは恐らく
ダニ捕りロボの誘引マットの中身
一度、ダニ捕りロボで捕まえられたダニの集まりだと思われます

 

ダニ捕りロボには専用ケースが絶対必要

ダニ捕りロボをケースなしで使うことも、できるといえばできます
その場合、中身の誘引マットだけを床や畳に置いておくという使い方をします

ダニ取りロボのダニ捕獲効果を発揮するのは、いうまでもなく
ケースの中の誘引マットの力によるものなので
ケースなしで使っても、ちゃんとダニはマットの中に引き寄せられて捕獲されに来てくれます

しかし、ダニ捕りロボの誘引マットの中に入っている吸湿セラミックは微粒子なので
本体に振動を与えると誘引マットの外にこぼれ落ちてしまう可能性が高いです

こぼれ落ちた粒子を触っても人体にはまったくの無害なのですが
そして、中の吸湿セラミックがこぼれ落ちてしまうということは
せっかく捕獲したダニも外にこぼれ落ちてしまうということ!

干からびたダニは、1滴ほどの水分でもミイラ化から蘇る可能性がありますので
捕獲したダニを外に逃がさないように
ダニ捕りロボを使うときは、専用のケースに入れて使いましょう

ダニ捕りロボのケースの必要性を説いた参考記事

ダニ捕りロボのケースの必要性を紹介、代用品を使うのは現実的には難しい
※上記はダニ捕りロボを専門にレビューしているダニ捕りロボのサイトです。他にもダニ捕りロボのお役立ち情報が掲載されているのでおすすめ!
ダニ捕りロボの詳細は紹介したサイトの中の、下記リンク先ページをご覧下さい
ダニ捕りロボ

 

ダニ捕りロボのケースの代用になるものってある?

 

小さいタオル

ダニ捕りロボの通常セット(ケース入りのやつ)は
詰替セットよりも千円くらい高い価格で販売されています

たかが千円、されど千円!
千円あれば100均ショップで10個の商品を買うことができます
(`・ω・´)

 

・・・てなわけで、
ダニ捕りロボのケースの代用になりそうなものを探た結果を
下にリスト化しました
(全て千円以内で買えるはずです)

 

ダニ捕りロボのケースの代用品になりそうなもの一覧
携帯灰皿(ポケットになってるやつ、蓋は常に開けておく。穴を開けられればなお良し)
穴を開けたハンカチ・タオル(ダニ捕りロボの専用ケースのように多数の大きい穴を開ける)
ナイロン袋などの小さな袋(底には穴を開けず、表面だけ穴を開けてダニが入れるようにする)
小さな箱(微粒子がこぼれないよう、上の方だけに穴を開けておく)

ハンカチなんて100円ショップのものを使えば良いし
Amazonや楽天では、色々なサイズのカッコ良い携帯灰皿が安値で売ってます

 

(キャット ハンド) Cat Hand ポータブル 高級 携帯 灰皿 ポケット サイズ 6色展開 (ブルー)

新品価格
¥1,280から
(2019/9/3 23:41時点)

 

こうやって考えると、ダニ捕りロボのケースって
いろいろなもので代用できそうな感じもしますが

代用品を使う場合、専用ケースほどのダニ捕り効果は見込めません

ダニ捕りロボの効果が落ちてしまうことに注意しましょう
(そのことは次に紹介します)

代用品より専用ケースを使うのがベスト

ぶっちゃけ、先程紹介したダニ捕りロボのケースの代用品は使わず
素直に千円出してダニ捕りロボ専用ケースを使った方が良いと思います

だって、代用品は所詮、そのためだけに作られた「本物」には及びません
具体的には、先程紹介したケースの代用品を使うと
ダニ捕りロボの誘引剤の効果が薄れてしまい、ダニをおびき寄せる範囲が狭くなってしまいます

また、穴を開ける手間も必要になりますし
何かの弾みでケースの代用をひっくり返してしまうと
ダニ捕りロボの中身の微粒子や捕獲されたダニは簡単に外に飛び出してしまうでしょう

 

代用品は、あくまで代用品
ダニ捕りロボは、始めにケース入りのものを買っておいて
そのケースを残しておけば、あとは詰替用のものを買えば良いし
負担は千円程度ですので、ケースの代用を使う必要はないかな~と思います

 

もしダニ捕りロボの誘引マットの中身がこぼれたら

 

コロコロ

 

ダニ捕りロボのケースを何かで代用するときの注意点です

もし、ケースが引っくり返ってしまいがこぼれてしまったら
微粒子なのでぱっと見わからないかもしれませんが、ダニ捕りロボを設置していた周辺を
すぐに掃除機で吸い取ってください(粘着シートのコロコロでも良い)

中身がこぼれたらすぐに掃除する!

ダニ捕りロボの効果のおかげで乾燥して動けなくなったダニも、全員が死んだわけではありません
中にはまだ死んでないダニもいますので、そのようなダニがダニ捕りロボの外に出てしまうと
周りの湿気を吸って、また元気に活動してしまうかもしれません

それに、ダニ捕りロボの中身にはダニだけでなく
多数のダニの死骸・ダニの糞も入っているはずです

そんなものが部屋にばらまかれたら大変!
汚いし、ダニの死骸や糞はアトピーなどアレルギーの原因になるんですよ!

こういった理由から、ダニ捕りロボの中身がこぼれてしまったと感じたら
必ず、掃除機や粘着シートのコロコロで念入りに掃除しておきましょう

 

ダニ捕りロボの通販購入はこちらからどうぞ

ここまで紹介してきたとおり
ダニ捕りロボはケース入りのものを買うべきですが
ケースは使い回せば良いので、2回目からは詰替セットを購入しましょう

※ダニ捕りロボの通販購入は、最安値特典付きで販売している
下記リンク先の公式サイトからお求めください
(ここから買えばお得になります)

アナタのお家のダニを撲滅できる!
ダニ捕りロボ全商品の取扱ページはこちらから

完璧なダニ退治を目指すならこれを使うべき!ダニ捕りロボの公式キャンペーンページは↓よりどうぞ
殺虫剤を使わないから安心!安全!【ダニ捕りロボ】

※上記2つのリンク先がダニ捕りロボの公式販売店です
最近では公式を装った偽の通販サイトがあるという情報もありますので
ダニ捕りロボを購入するときはお間違えのないようにお願いします

ダニ捕りロボは便利 

ダニ捕りロボは効果や安全性において、他社商品の追随を許さないくらい優れているダニ退治グッズですが
個人的には、「ソファーや押入れのダニ対策が簡単にできる」という点がポイント高いです

ダニ対策を行いにくい場所でも、誘引剤でおびき寄せて生きたまま捕らえるダニ捕りロボなら
簡単に対策を実施することができますよ!
詳しくはソファーやマットレスなど、掃除できないものでもダニ捕りロボなら退治できるをご覧下さい

また、ダニ捕りロボでどれだけのダニが捕れるか?効果についてよく知りたい人は
効果なしという噂は本当?ダニ捕りロボの効果の本当の詳細を暴露のページを参考にするとよいでしょう

ぶっちゃけ、どんなに念入りにダニ対策をしても
部屋からダニがいなくなることはありません
しかし、ダニ捕りロボはダニ抑制率が100%もある超オススメの商品です
本当に部屋のダニを退治したい人は、ダニ捕りロボを1年中使う以外に方法はありません

ダニ捕りロボで快適な生活を送ってくださいませ!