もしマダニに噛まれたら・・・どうすればよい?

はキャンプや釣りや屋外でのバーベキューなどアウトドアの遊びが多くなります

キャンプ

屋外に生息する害虫で刺されると心配なのがマダニです

もしマダニに噛まれたらどうすればよい?

マダニがついていたら振り払う

虫が怖い

マダニが皮膚の上を動き回っているときは、振り払って落としてください

マダニが這い回っている状態の場合は振り払えば落ちます

でもマダニの吸い口が皮膚に刺さっている場合、振り落ちないので困るのです

無理にマダニを取り除こうとすると、吸い口が皮膚に残り、
しこりができたり、マダニの持つウィルスが体内に入り感染症を起こす危険があります

マダニが噛み付いて皮膚から離れない場合

ダニに刺された

マダニが皮膚に噛み付いて離れない場合はどうする?
慌てますよね・・・

マダニが噛み付いているとなかなか素人では取れないもの
皮膚科にすぐに行くことがよいのですが・・・

自分でマダニを取ろうと試みる場合は・・・

ピンセットでマダニの根元を挟み、左右に何度か回転させながら引き抜く

マダニの吸い口が皮膚に残らないように静かにクネクネしながらということです

これでマダニが上手く離れればよいのですが、成虫になるとマダニも長い口器を持っているため、引き抜きにくい

うまく取れない場合が多いので、皮膚科を受診して特殊な器具を使ってマダニを取り除いてもらいましょう

一刻を争う脳卒中などとは違い、マダニに刺されたら、皮膚科に行く、休日で病院が休みなら救急病院へ行くの対応で間に合います

マダニに噛まれたら、慌てず、まず病院を受診することが一番良い方法です

マダニに刺されたら・・・のまとめ

マダニ

マダニに吸血されてもほとんどの場合、気がつきません
しかし異物感を感じる場合もあります

マダニは、皮膚にしっかりと口器を突き刺し、長時間(数日~10日間以上)吸血し続けます

気付いてから、無理に引き抜こうとするとマダニの一部が皮膚内に残ってしまい、炎症を起こすこともあります

吸血中のマダニに気がついたときは、できるだけ、速やかに皮膚科で処置をしてもらうことが大切です

皮膚科へ行こう!

噛まれたら⇒慌てて無理に引き抜こうとせず、皮膚科へ行く

応急処置⇒ダニが食いついている周辺部を消毒液(マキロン)で洗う

マダニの生態

はてな

マダニの生態についてです
マダニってどんなダニなのか?・・・実際のところよく知らないので一覧にまとめました

生育場所 山林・草むら・ヤブ
刺す対象物 山林や草むらを通った動物と人
被害内容 皮膚のやわらかい部分に食いつき満腹になるまで寄生する
ダニが自ら離れる時 満腹になった時(満腹になるまでは離れない
吸血期間 数日~10日間以上
成ダニの大きさ 吸血前(3~8ミリメートル)・吸血後(10~20ミリメートル)
活動期 初夏~夏

 

マダニが引き起こす感染症

医師

マダニが引き起こす感染症の種類や人に現れる症状を見てみます

重症熱性血小板減少症候群 (SFTS)

マダニが媒介する最も危険な感染症がSFTS
ごく1部のダニが持つSFTSウィルスが原因で起こる

ダニに刺されてから6日~14日程度で、高熱、食欲低下、吐き気、下痢、腹痛が主に起こってきます
血小板や白血球も減少します

現代では根本的な治療法が確立されておらず、症状を抑える治療が行われます
重症化し、死亡することも希にですが、あります

ライム病

ダニに刺されてから、10日~14日後に刺された部分から赤い大きな発疹が現れて広がっていく

発熱、筋肉痛、関節痛の症状が出てきます

日本では北海道や長野県で多く見られるとのことです

日本紅斑熱

日本紅斑熱は2日~8日後に全身に赤い発疹がでる

また発熱、頭痛、倦怠感が現れます

西日本を中心に起こっています

各、感染症の症状一覧

松島皮膚科医院
松島皮膚科医院
病名 潜伏期間 症状
SFTS 6日~14日 高熱、食欲低下、嘔気、嘔吐、下痢、腹痛
ライム病 10日~14日 刺された部分から赤い大きな発疹、発熱、筋肉痛、関節痛
日本紅斑熱 2~8日 全身に赤い発疹、発熱、頭痛、倦怠感

赤い発疹が出るか出ないか?

発疹はどのような出方をしているか?・・・が見分ける際の分かれ目ですね

マダニやハチに刺されないために

蜂刺され

マダニやハチに刺されてはせっかくのレジャーも台無しになってしまいます
子供が刺されることも一番に避けたいです

そこで野原や草むら、山でレジャーを楽しむ際は以下の点に気をつけてください

1・長袖、長ズボンを着用

山に出かける際は長袖、長ズボン、帽子、手袋、首にタオルのいでたちで・・・

皮膚の露出を少なくすることがマダニ予防になります
マダニだけでなく、ハチ刺されの予防にもなります

2・服やリュックは明るい色のものを選ぶ

明るい色を選ぶメリットはハチに刺されることを避けるためです
ハチは黒っぽいものを襲う習性があるので、服やカバンは黒っぽいものより明るい色めを選んでください

またマダニやムカデが、服に付いた際には、明るい色の方が見つけやすいというメリットがあります

3・香水や整髪料はつけない

香水や整髪料はハチや虫を引き寄せる場合がある

山に行くときは、虫を刺激する匂いの出るものは避けたほうが無難です

4・全身に虫除けスプレー

虫除けスプレーにはマダニが嫌がる成分が含まれています

皮膚や服、靴にはスプレーをしっかり吹きかけておきましょう
でもハチには虫除けスプレーの効果がないのでハチを見かけたら近寄らないように静かに離れてください

虫除けスプレーには「ディート」という成分が含まれているものもあります
子供に「ディート」入りの虫除けスプレーを使うと刺激が強いので希に負けることがあります

虫除けスプレーを購入の際には薬局で子供が使っても良いものかどうかを相談してください・・・

 

5・着替える

帰宅したら、すぐに着替えましょう
子供の場合は体に虫が付いていないか?チェックしてあげてくださいね

すぐに着替えて、マダニを家の中に持ち込まないようにお願いします

余談ですが犬の散歩は草むらなんかは避けてください
マダニは犬にも寄生します

犬の散歩から帰ったら一旦外で、タオルなどで拭いてからうちの中に入れてください
万が一、犬がマダニにくっついていたら困りますので注意注意!

家の中のダニ

秋になるとダニの死骸が飛散する

マダニは屋外に生息するダニですが屋内に生息しているダニもいます

屋内を生活圏にしているダニの中で、人を刺すのはツメダニイエダニです

布団や枕やソファーはダニの住処になりやすいので要注意・・・

ダニは刺されないように退治しておくのがいいです

人を刺すダニ

ツメダニ  

ヒョウヒダニや食品につくコナダニの体液を吸って生息している
刺されると赤く腫れてかゆみが1週間ほど続く

イエダニ  

ネズミや鳥に寄生して生活している
ネズミが死ぬと人に寄生先を変えてくる
人を刺すだけではなく、ときには吸血して感染症を媒介することもある迷惑な存在

ダニ退治はダニ捕りシートが便利

↓画像クリックで「ダニピタ君」公式販売店へジャンプ

 

ダニ退治には、ダニ捕りりシートが便利です

ダニといえば毎日、掃除機を掛けたおしたり、日光に当てたりとお手間がかかるものです

忙しい毎日を送っている私たちには、なかなかの負担です

ダニ捕りシートなら3ヶ月置いておくだけでダニの方から寄ってきて捕まってくれるので便利です

ダニ捕りシートはいろいろありますが・・・

殺虫剤成分ゼロで食品添加物成分の誘引剤でダニをおびき寄せる(赤ちゃんも安心

シートの中でダニが死ぬので死骸が飛び散らない(アレルゲンが飛び散らず喘息や鼻炎に効果的

3ヶ月置きっぱなしでシートごとゴミに出す(手間いらず

そんなタイプのダニ捕りシートが人体に安全で、効果があり、人気です

有名どころのダニ捕りシートの比較記事もご参考に見てみてください↓

 

ちなみに我が家は、喘息アトピーの子供がいるので「ダニピタ君」を使っています
価格がお手頃で、第3社機関の検査結果も出ていて、効果の点でも安心なので選びました

ダニ退治をすることで、子供のアレルギーの症状が随分マシになったので続けて使っています

画像クリックで「ダニピタ君」公式販売店へジャンプ↓

ダニピタ君の特徴と使い方、どこで売ってるか?などのレビュー記事はこちらをご参考にしてください↓